design makes life richly.

Published: 4年 ago

WCAF Vol.10行ってきた


先日開催された、WCAF Vol.10に行ってきました。遅ればせながら、イベントの感想を書いて行きます。今回のテーマ自体が『未来を見据えたWeb制作』をということで、最近関心のある制作環境周りのお話や、制作を取り巻く環境などのお話を聞く事が出来て、大変良い機会になったと思います。
 

 

セッション 1
 
「big wave node」山越 崇裕さん

 

node.jsを使った制作環境についてのお話でした。僕自身、制作環境の自動化にハマっていて、gruntやyeomanを実験的に使っていた事もあり、楽しく聞けました。gruntは割と問題なく弄って使えている感覚はあったけど、yeomanの話の中で、bowerとかrequire.jsの事とかあまり分かってなかったなーって痛感。一つのものに対してもっと掘り下げて行きたいなーと最近思ってます!
 
うん。yeoman会社で使いたいなー!
 

 

LT 1
 
『Webサイト最適化への挑戦』堀川 裕司さん

 

僕と同じ会社の堀川さんのLT。同じ仕事をしているだけあって、共感する部分が多くありました。より良い改善の環境を構築するには、やはりプロジェクトの人間との関係性が大事で、そのあたり端から見ても堀川さん上手くやっているなと思っていたので、同じ会社視点で面白いなと思った部分もあります。
 
LTということで短い時間でしたが、もっと掘り下げたお話も個人的に聞いてみたいですね!
 

 

LT 2
 
『4番ファースト運用設計』いちがみ トモロヲ

 

自分自身ディレクションが苦手で、どうすれば上手く伝わるのかなーと最近思う部分があり、やはり土台作りって大事だなーって思いました。特に、例に出して頂いたドキュメントはもの凄く参考になりました。
 
シチュエーションやニーズの分析を比率で分析すると言った具合に、そこまで細かく可視化することもなかったので、今度やってみたいなーとも思ったり。スムーズに仕事を進めて行くには、顧客との関係ってやっぱり大事!
 

 

セッション 2
 
『Sassと仲良くお付き合い』佐々木 敏明さん

 

Sass+Compassで幸せになるよーというお話と、どのように社内の制作環境に取り入れて行ったかというお話。
 
その中で印象的だったのが、周りを巻き込んで制作環境を構築して行ったという事。巻き込まれた…おそらく音速で一番最初に巻き込まれた僕としては、人にものを教えたり、社内のスキルをどう上げていくかという点で参考になりました。
 
gruntとか社内で使って行きたいけど、実質触れる人間って、極わずかでなかなか共通のツールとして使えない部分があります。これから佐々木さんと色んな人巻き込んで行きたいですね!!
 

 

セッション 3
 
『Web design process for the future』こもりまさあきさん

 

とにかくワクワクしっぱなしなセッションでした。僕が日頃から興味のある分野という事も合ったのですが、個人的に制作スタンスにどう向き合って行くかということに悩んでいた部分があり、そこが少なからず解消されたセッションでした。
 
最近は静的サイトジェネレーターにも興味持っていたので、そこらへんのお話をガッツリ聞けたのも良かったです。特に『roots』や『punch』は最近触ってみたいなーと考えてた事もあり、実際にデモやツールについてのお話を聞けて勉強になりました。
 
roots試してみたけど、ライブリロード超はえーです。内蔵のフレームワークもわりかし使いやすそうだったので、ちょいちょい触って行きたいなーと思います!
 

 

全体の感想

 
未来を見据えたWeb制作というテーマが、セミナー全体から分かる非常に良いセミナーだったと思います。それ以上に個人的に得るものが大きかったセミナーだったので、これから色んな事試して行きたいですね!
 

 

Have a Comment?

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Some HTML is OK